大河ドラマ『西郷どん』の舞台をめぐる | 太陽交通サービス

安心、親切でナイスなタクシー「南映タクシー」の太陽交通サービス

鹿児島市内での観光、日常の送迎やタクシーのご利用は
「南映タクシー」の太陽交通サービスにお任せ下さい。

MENU

2018年のNHK大河ドラマの舞台は鹿児島!

明治維新150年を迎えた2018年、NHK大河ドラマが鹿児島を舞台とした『西郷(せご)どん』に決定し、
地元鹿児島では県外だけでなく海外からも多くの観光客が訪れています。

ご家族・ご友人など少人数での旅行で、ガイドマップなどを見ながら自ら移動する楽しみもありますが、
決められた時間で観光をするなら、地元の道を知るタクシーがおススメです。
乗務員のガイド付きでドラマで紹介された場所をめぐり、歴史・文化、お土産やおいしい食べ物の情報もお任せの
南映タクシーの観光プランを是非ご利用下さい。


「西郷どん」ゆかりの観光スポット

仙厳園

島津家の別邸として造られた仙厳園は、桜島と錦江湾を池に見立てた借景が美しい観光スポットです。
世界文化遺産に指定された旧集成館も近く、今でも当時の様子を窺うことができます。
最近では歴史ある建物をそのまま活かしたスターバックスコーヒーも出店し、インスタ映えする撮影スポットとしても人気です。
お買い物やお食事もできますので、観光中の休憩に最適です。
※入場料が別途掛かります。

鶴丸城周辺

島津家が居を構えた鶴丸城跡地がある鹿児島市城山周辺は、お濠や石垣がそのまま残っており、多くの観光客が訪れます。
有名な銅像もここにあり、繁華街の「天文館」も近くにあります。
ここから仙厳園へ向かう道中には西郷隆盛のお墓「何週墓地」と歴史資料の豊富な西郷南洲顕彰館もあります。
鹿児島市内を一望できる城山展望台も、記念撮影をするには絶好のスポットです。

加治屋町周辺

鹿児島中央駅に近い加治屋町は、西郷隆盛が生まれた地で同じ時代を生きた大久保利通や村田新八、大山巌らもこの周辺に生まれ育ちました。
春になると桜が咲き誇る甲突川沿いの一部は「維新ふるさと道」と名付けられ、街並みを楽しみながら歴史を知ることができます。
道中には幕末の鹿児島の様子を展示した「維新ふるさと館」があり、目や耳で楽しむことができます。
大河ドラマ放映に合わせて期間限定でオープンしている「西郷どん大河ドラマ館」もドラマの世界を体験することができます。

タクシー乗務員が教える『西郷どん』観光のコツ

1.じっくり時間を掛けて西郷隆盛のことや幕末の薩摩のことを知りたい方は、西郷銅像周辺の終焉の地や西南戦争本営跡などを
組み合わせてみると、当時の様子をより詳しく知ることができます。最後に墓地までめぐると1時間から2時間くらいかかります。

2.仙厳園はとても広大な場所ですので、歩きやすい靴を準備しておくと快適です。
また、週末になると多くの観光客が訪れますので、昼食時などのピークを避けて行くとゆっくり楽しめます。
その場合も1時間から2時間の時間を見込んだ方がいいかもしれません。

3.西郷隆盛は、鹿児島市内だけでなく霧島方面や指宿方面にも多く出向き、至るところにその跡地が残っています。
鹿児島市外へお出かけの際はご相談下さい。

4.「ドラマのロケ地になったところ」「歴史の資料があるところ」「銅像に行きたい」といったご希望があれば遠慮なくお申し付けください。
移動経路や時間を考えて最適なプランをご提案します。